読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫型エンジニアのブログ

プログラム/ネットワーク系の技術関連をまとめたページです 

SIPお勉強 その11

SIP

 UACのリクエストの送信動作については「12.2.1.1 リクエストの生成」に記載がありました。ここでもlr(ルースルーティング)の有無によって動作は変わるようです。

 なんかごちゃっと書いてありますけど、クライアント側としてはリクエスト送信時には、おそらく「設定ファイル」や「Recourd-Routeヘッダ」から「ルートセット」を内部で作成し、そのルートセットに基づいてS送信を行う模様です。

UACの動作

UACはリクエストのRequest-URIとRouteヘッダーフィールドを構築するために、リモートターゲットとルートセットを使用する。

リモートターゲット

定義は見当たらなかったが、送信先のR-URIと同義の使われ方をしている。

ルートセット

ルートセットとは、特定のリクエストを送るときにトラバースされなければならないプロキシのリストを表す、SIPまたはSIPS URIの並びの集まりである。ルートセットはRecord-Routeのようなヘッダーから知ることができるし、あるいは、設定することもできる。