読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫型エンジニアのブログ

プログラム/ネットワーク系の技術関連をまとめたページです 

Ubuntu12.03にOpenvSwitchをパッケージからインストール

インストール方法

 パッケージからインストールする方法と、ソースコードからインストールする方法があります。

 パッケージからインストールはとても簡単なのですが、パッケージが提供されているのは、UbuntuDebianFedoraのみとなっています。参考⇒http://openvswitch.org/

 それ以外のディストリビューションでは、ソースコードからインストールする必要があります。

  1. apt-cacheコマンドでパッケージが存在することを確認
  2. Ubuntuのバージョンが古いと、パッケージが提供されていない可能性があります。

    root@ubuntu:/home/pide# apt-cache search openvswitch-switch
    openvswitch-brcompat - Open vSwitch bridge compatibility support
    openvswitch-common - Open vSwitch common components
    openvswitch-datapath-dkms - Open vSwitch datapath module source - DKMS version
    openvswitch-datapath-source - Open vSwitch datapath module source - module-assistant version
    openvswitch-switch - Open vSwitch switch implementations
    openvswitch-datapath-lts-raring-dkms - Open vSwitch datapath module source - DKMS version
    openvswitch-datapath-lts-raring-source - Open vSwitch datapath module source - module-assistant version

  3. パッケージのインストール
  4. root@ubuntu:/home/pide# apt-get install openvswitch-switch

  5. 動作確認

  6. 以下のようにovsdb-serverとovs-vswitchが起動していればインストール成功です。

    root@ubuntu:/home/pide# service openvswitch-switch status
    ovsdb-server is running with pid 1000
    ovs-vswitchd is running with pid 1010