読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫型エンジニアのブログ

プログラム/ネットワーク系の技術関連をまとめたページです 

CentOS6.4でブリッジの作成

物理NICのeth0に対してブリッジbr0を作成する手順は以下の通りです。

  1. ネットワークマネージャの停止
  2. GUIでネットワークの設定を行うネットワークマネージャを停止させないと、CUIの設定ファイルと競合してブリッジが動作しません。これはUbuntuでも同様です。GUIのないサーバ版ではこの手順は不要です。

    [root@localhost ~]# service NetworkManager stop
    [root@localhost ~]# chkconfig NetworkManager off

  3. 設定ファイルのコピー

  4. br0用の設定ファイルをeth0を基にして作成します。

    [root@localhost ~]# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
    [root@localhost network-scripts]# cp ifcfg-eth0 ifcfg-br0

  5. ifcft-eth0の修正

  6. vimでファイルを開いて修正します。

    DEVICE="eth0"
    BOOTPROTO="static"
    HWADDR="D8:9D:67:1E:23:F8"
    NM_CONTROLLED="yes"
    ONBOOT="yes"
    TYPE="Ethernet"
    BRIDGE="br0" ←追記!
    UUID="1c9e9439-d49b-4c7d-a292-b9494de6d0ff"

  7. ifcfg-br0の修正

  8. vimでファイルを開いて修正します。

    DEVICE="br0"
    BOOTPROTO="static"
    IPADDR="172.16.1.20" ←追記!
    NETMASK="255.255.255.0" ←追記!
    GATEWAY="172.16.1.100" ←追記!
    DNS1="172.16.1.100" ←追記!
    #HWADDR="D8:9D:67:1E:23:F8" ←コメントアウト!
    NM_CONTROLLED="yes"
    ONBOOT="yes"
    TYPE="Bridge" ←EthernetからBridgeに修正!
    #UUID="1c9e9439-d49b-4c7d-a292-b9494de6d0ff" ←コメントアウト!

  9. ネットワーク再起動
  10. [root@localhost ~]# /etc/init.d/network restart

  11. IPアドレスの確認

  12. br0に指定したIPが割り振られていることを確認します。

    [root@localhost network-scripts]# ifconfig
    br0       Link encap:Ethernet  HWaddr D8:9D:67:1E:23:F8
              inet addr:172.16.1.20  Bcast:172.16.1.255  Mask:255.255.255.0
              inet6 addr: fe80::da9d:67ff:fe1e:23f8/64 Scope:Link
              UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
              RX packets:2809 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
              TX packets:421 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
              collisions:0 txqueuelen:0
              RX bytes:183749 (179.4 KiB)  TX bytes:60060 (58.6 KiB)
    
    eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr D8:9D:67:1E:23:F8
              inet6 addr: fe80::da9d:67ff:fe1e:23f8/64 Scope:Link
              UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
              RX packets:6242 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
              TX packets:4223 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
              collisions:0 txqueuelen:1000
              RX bytes:553947 (540.9 KiB)  TX bytes:835505 (815.9 KiB)
              Interrupt:16

  13. ブリッジの確認

  14. br0がeth0に基づいて作成されていることを確認します。

    [root@localhost network-scripts]# brctl show
    bridge name     bridge id               STP enabled     interfaces
    br0             8000.d89d671e23f8       no              eth0

  15. うまくいかない場合
  16. 以下のようにコマンドで直接接続を行います。

    # brctl addif br0 em1