読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫型エンジニアのブログ

プログラム/ネットワーク系の技術関連をまとめたページです 

Ubuntu12.04.2にOpenvSwitchをソースコードからインストール

 OpenvSwitchで、MPLSなど公式版に未実装の機能利用したい場合は、有志の作成したgitリポジトリからソースを取得してインストールする必要があります。

 以下にインストール手順例を記載しました。

インストール

//必要なパッケージのインストール
# apt-get install -y git linux-source kernel-package \
   devscripts debhelper libtool autoconf automake \
   libssl-dev python-all python-qt4 python-twisted-conch  uuid-runtime  module-assistant \
   graphviz

//gitリポジトリからソースコードを取得
# git clone https://github.com/horms/openvswitch.git

# cd openvswitch
//ブランチ一覧を表示
# git branch -r
//ブランチの指定
# git checkout -b origin/devel/mpls-v2.50 origin/devel/mpls-v2.50
//パッケージの作成
# dpkg-checkbuilddeps
# fakeroot debian/rules binary

//作成したパッケージからインストール _(アンダーバー)以降の数値は環境に依存します。
# cd ../
# dpkg -i openvswitch-common_2.0.90-1_amd64.deb
# dpkg -i openvswitch-datapath-source_2.0.90-1_all.deb
# dpkg -i openvswitch-switch_2.0.90-1_amd64.deb

動作確認

 以下のように表示されればインストール成功です。

# service openvswitch-switch status
ovsdb-server is running with pid 2917
ovs-vswitchd is running with pid 2926