読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫型エンジニアのブログ

プログラム/ネットワーク系の技術関連をまとめたページです 

OpenvSwitchのログレベルの変更

OpenvSwitchを含む環境でデバックするには、ログを見る必要があります。ログレベルの変更の仕方はovs-appctlコマンドを利用します。

現在のログレベルの確認

 以下のようにして確認ができます。console/syslog/fileの出力先単位でログレベルの設定をなされているのがわかります。

# ovs-appctl vlog/list
                 console    syslog    file
                 -------    ------    ------
backtrace         INFO       INFO       INFO
bfd               INFO       INFO       INFO
bond              INFO       INFO       INFO
bridge            INFO       INFO       INFO

設定できるログレベルの一覧

 ovs-appctl --helpコマンドの実行結果(一部抜粋)から 'off', 'emer', 'err', 'warn', 'info', 'dbg' を選択できるのがわかります。

# ovs-appctl  --help

  vlog/set [SPEC]
      Set log levels as detailed in SPEC, which may include:
      A valid module name (all modules, by default)
      'syslog', 'console', 'file' (all facilities, by default))
      'off', 'emer', 'err', 'warn', 'info', or 'dbg' ('dbg', bydefault)

ログレベルの設定

 以下のようにしてログレベルを出力先単位で設定します。下のコマンド例でfileをanyにすれば、すべてのログレベルを変更できます。

# ovs-appctl vlog/set file::dbg
# ovs-appctl vlog/list |head
                 console    syslog    file
                 -------    ------    ------
bfd               INFO       INFO        DBG
bond              INFO       INFO        DBG
bridge            INFO       INFO        DBG